イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

「6」のつく日 語り部さんとお話ししよう! 〜Talk with A-bomb survivors〜

5月6日 @ 11:00 AM - 5:00 PM

■■□―――――――――――――□■■
「6」のつく日
語り部さんとお話ししよう!
〜Talk with A-bomb survivors〜
■■□―――――――――――――□■■

English below;

ハチドリ舎では
毎月「6」のつく日は、
語り部の方をお呼びしています。

大勢に対して語りかける証言会ではなく、
身近に語り部のじいちゃん・ばあちゃんと
話して、仲良くなってもらいたい。

そんな想いで、
小さな規模で直接お話しできるよう
語り部の方にカフェに滞在してもらっています。

※予約制で直接お話しすることもできることになりました!
店内で直接お話をご希望の方は、上記申し込みフォームからご希望時間をご記入ください。

※こちらからご予約をお願いします。
自動返信でzoom参加URLを送付いたします。
https://forms.gle/DgUekgWL1scvo8vm7


You can talk to A-bomb survivors
at Social Book Café Hachidori-sha
on 6th, 16th, 26th every month.

It is not like a lecture,
but a casual talk with them.
——————————–

当日は高村さんが来てくださいます。
◆高村 秀樹(タカムラ・ヒデキ)さん
広島被爆 1943.11.8生まれ 被爆当時1歳
「当時の記憶は全くありませんが、爆心地から2.6km、木造家屋で被爆しました。家の中の壁のかげで、15歳の親戚のお姉さんに抱かれていました。一瞬の差で何を逃れ、お姉さんも自分もかすり傷もなく無事でした。父は爆心地から1km離れた広島市役所の地下室で執務中に被爆。ガラスの破片が腕と額に無数に突き刺さったまま、血だらけの状態で帰宅しました。戦後もその破片をすべて取り除くことはできませんでした。母と従姉は洗濯ものを干した後すぐに被爆。母は左足に火傷をおい、ウロコ状のケロイドは終生残りました。
1912年から広島市内を走っている路面電車も原爆で被爆しました。戦時中、出征中の男性運転手の代わりを務めていた女学生も多くいます。戦後、市民の生活が再開される中で、路面電車も息を吹き返しました。被災者たちの屈強なる復興の精神力を、被爆国日本の底力を、次世代へと語り継いでゆけたら。」

詳細

日付:
5月6日
時間:
11:00 AM - 5:00 PM
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
Web サイト:
https://www.facebook.com/events/3293834570842764/

主催者

Social Book Cafe ハチドリ舎
電話番号:
082-576-4368
メール:
hachidorisha@gmail.com
Web サイト:
http://hachidorisha.com/

会場

Social Book Cafe ハチドリ舎
中区土橋2-43
広島市, 広島県 730-0854 Japan
+ Google マップ
電話番号:
082-576-4368