イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

Talk with A-bomb Survivors in English  〜「6」のつく日 語り部さんとお話ししよう!〜

6月6日 @ 11:00 AM - 5:00 PM

■■□―――――――――――――□■■
Talk with A-bomb Survivors in English
〜「6」のつく日 語り部さんとお話ししよう!〜
■■□―――――――――――――□■■

★On 6th you can listen to their stories in ENGLISH★
→Story telling time: 1pm & 3pm

You can talk to A-bomb survivors
at Social Book Café Hachidori-sha
on 6th, 16th, 26th every month.

It is not like a lecture,
but a casual talk with them.
We would like you to make friends with them,
and know what happened on the day in person.

ハチドリ舎では
毎月「6」のつく日は、
語り部の方をお呼びしています。

6日は、英語で証言を聞くことができます。
(13時、15時に証言会を予定)
※集まる人数によって時間変更する場合あり

大勢に対して語りかける証言会ではなく、
身近に語り部のじいちゃん・ばあちゃんと
話して、仲良くなってもらいたい。

そんな想いで、
小さな規模で直接お話しできるよう
語り部の方にカフェに滞在してもらっています。

——————————–

◆二川 一彦(フタガワ・カズヒコ)さん
当時32歳だった母広子さん(2000年に87歳で死去)のおなかの中で被爆。14年8月に発足した原爆胎内被爆者全国連絡会の代表世話人の一人を務める。

◆堀江 壯(ホリエ・ソウ)さん
1940年10月17日生まれ。広島県広島市在住。
「4歳のとき、路上で、強烈な閃光と爆風に襲われ吹き飛ばされました。一緒にいた姉がとっさに覆い被さってくれて大きなけがはありませんでした。閃光と爆風の原因は、3km離れたところで炸裂した原爆でした。今も脳裏に焼き付いて離れないのは、自宅に避難して来た子どもたちが大火傷に苦しんでいた姿です。
64歳の頃(2004年)から、世界へ被爆体験を発信し国際交流を行う団体「ワールドフレンドシップセンター」に所属しています。語り部の減少に危機感を覚え、練習を重ね、2012年からは海外からのゲストに英語で被爆体験を語る活動もしています。」

◆登世岡 浩治(トヨオカ・コウジ)さん
浄土真宗本願寺派の安楽寺(広島市東区)の前住職。
崇徳中学校4年生(15歳)だった当時、爆心地から4.1kmの南観音町で学徒動員中に被爆。
自らも被爆し、原爆で弟を亡くした。約20年前から被爆体験を地元の小学生たちに語り続ける。
「地獄図の中で亡くなっていった知人、友人の ことを偲ぶと、今でも耐えられない気持ちになります。一人一人が生かされていることの有難さを感じ、慈愛の心、尊敬の念を抱いて周りに接していくことが世界平和実現への一歩ではないでしょうか。」

詳細

日付:
6月6日
時間:
11:00 AM - 5:00 PM
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
, ,
Web サイト:
https://www.facebook.com/events/1665246510262228/

主催者

Social Book Cafe ハチドリ舎
電話番号:
082-576-4368
メール:
hachidorisha@gmail.com
Web サイト:
http://hachidorisha.com/

会場

Social Book Cafe ハチドリ舎
中区土橋2-43
広島市, 広島県 730-0854 Japan
+ Google マップ
電話番号:
082-576-4368