イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

6のつく日 語り部さんとお話ししよう! 〜Talk with A-bomb survivors〜

3月26日 @ 11:00 AM - 5:00 PM

■■□―――――――――――――□■■
「6」のつく日
語り部さんとお話ししよう!
〜Talk with A-bomb survivors〜
■■□―――――――――――――□■■
English below;
ハチドリ舎では
毎月「6」のつく日は、
語り部の方をお呼びしています。
大勢に対して語りかける証言会ではなく、
身近に語り部のじいちゃん・ばあちゃんと
話して、仲良くなってもらいたい。
そんな想いで、
小さな規模で直接お話しできるよう
語り部の方にカフェに滞在してもらっています。
毎月6日は英語で
証言を聞くことができます。
13時、15時に証言会を予定しています。
※集まる人数によって時間変更する場合あり

You can talk to A-bomb survivors
at Social Book Café Hachidori-sha
on 6th, 16th, 26th every month.
It is not like a lecture,
but a casual talk with them.
We would like you to make friends with them,
and know what happened on the day in person.
On 6th you can listen to their stories in English.
Story telling time: 1pm & 3pm
————————–——

◆八幡 照子(ヤハタ・テルコ)さん
広島被爆 1937.7.25生まれ 被爆当時8歳
「8月6日の前日は、中国に単身赴任中だった父が出張で戻っており、海水浴に連れて行ってくれました。前日の楽しい思い出を家族で話した6日の朝、爆心地から2.5km離れた自宅の裏庭に立っていた時に原爆が投下されました。ぴかっと空一面が蛍光灯になったように光り、その場で気を失いました。「みんなここに集まりなさい!」という母の声に気が付き、家族みんなで布団の下に入って死を覚悟。その後の避難中、黒い大粒の雨が降り、ずぶぬれになって歩きました。家族はみんな無事でしたが、額に怪我をしたので救護所になっていた小学校に治療に向かいます。自分の小学校は火葬場になっていました。ごうごうと燃える炎の中に死体を投げ入れる様子を、マヒしたようにぼーっと眺めていました。
わずか100年のライフステージ。みんなで手を携えて、平和のために生きていきたいと思います。」

 

◆東野 真里子(ヒガシノ・マリコ)さん
「広島平和文化センター委嘱の被爆体験伝承者で、私の母である竹岡智佐子の被爆体験と平和への思いを伝承しています。
2013年に40年勤めた第一生命株式会社を定年退職後、3年間にわたり被爆体験伝承者の研修を受けました。また2016年NGOピースボート主催第9回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に応募し、被爆二世としては初めての乗船者として外務省から「非核特使」の委嘱を受けて21カ国25都市を回り、被爆者の方々と共に世界各地で平和活動を行いました。
戦後7年後の1952年生まれで戦争を知らない世代ですが、母と祖母の被爆体験をお話しすることで、皆様と一緒に戦争の残酷さや悲惨さ、平和の尊さ、生命の大切さを考えたいと思っています。」

詳細

日付:
3月26日
時間:
11:00 AM - 5:00 PM
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
,
Web サイト:
https://www.facebook.com/events/211310456112675/

主催者

Social Book Cafe ハチドリ舎
電話番号:
082-576-4368
メール:
hachidorisha@gmail.com
Web サイト:
http://hachidorisha.com/

会場

Social Book Cafe ハチドリ舎
中区土橋2-43
広島市, 広島県 730-0854 Japan
+ Google マップ
電話番号:
082-576-4368