イベントを読み込み中

« すべてのイベント

6のつく日 語り部さんとお話ししよう! 〜Talk with A-bomb survivors〜

1月26日 @ 11:00 AM - 5:00 PM

※1/26は15:00〜貸切イベント開催のため、
 お話を聞けるのが15時までとなります。ご了承ください。※

■■□―――――――――――――□■■
「6」のつく日
語り部さんとお話ししよう!
〜Talk with A-bomb survivors〜
■■□―――――――――――――□■■
English below;
ハチドリ舎では
毎月「6」のつく日は、
語り部の方をお呼びしています。

大勢に対して語りかける証言会ではなく、
身近に語り部のじいちゃん・ばあちゃんと
話して、仲良くなってもらいたい。

そんな想いで、
小さな規模で直接お話しできるよう
語り部の方にカフェに滞在してもらっています。

You can talk to A-bomb survivors
at Social Book Café Hachidori-sha
on 6th, 16th, 26th every month.

It is not like a lecture,
but a casual talk with them.

——————————–

◆眞木 淳治(マキ・ジュンジ)さん
広島被爆 被爆当時14歳。
牛田の親戚宅から舟入川口町の工場に毎日動員学徒として通っており、その工場で被爆。壁の無い作業場でまともに熱線と爆風を浴びて大火傷を負った。友達と一緒に、己斐・横川・白島を経由して牛田の親戚の家へ帰る。8日の夜家族が迎えに来て自宅の倉橋に帰った。その後も後遺症に苦しみ現在原爆展を成功させる「広島の会」の一員で、語り部としても活躍中。

◆東野 真里子(ヒガシノ・マリコ)さん
「広島平和文化センター委嘱の被爆体験伝承者で、私の母である竹岡智佐子の被爆体験と平和への思いを伝承しています。
2013年に40年勤めた第一生命株式会社を定年退職後、3年間にわたり被爆体験伝承者の研修を受けました。また2016年NGOピースボート主催第9回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に応募し、被爆二世としては初めての乗船者として外務省から「非核特使」の委嘱を受けて21カ国25都市を回り、被爆者の方々と共に世界各地で平和活動を行いました。
戦後7年後の1952年生まれで戦争を知らない世代ですが、母と祖母の被爆体験をお話しすることで、皆様と一緒に戦争の残酷さや悲惨さ、平和の尊さ、生命の大切さを考えたいと思っています。」

◆佐久間 邦彦(サクマ・クニヒコ)さん
広島市己斐町生まれ。生後9カ月の時、爆心地から西方約3km、己斐町の自宅の縁側で寝ていた時被爆した。母親に背負われ、裏山に逃げた。途中黒い雨に遭ったと母親から聞いている。ガラスの破片で額に2cm位の傷をした。2006年、広島県原爆被害者団体協議会(略称:広島県被団協)被爆者相談所の相談員として活動始める。 2015年、広島県被団協理事長となり、現在に至る。

詳細

日付:
1月26日
時間:
11:00 AM - 5:00 PM
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
, ,
Web サイト:
https://www.facebook.com/events/373737870050276/

主催者

Social Book Cafe ハチドリ舎
電話番号:
082-576-4368
メール:
hachidorisha@gmail.com
Web サイト:
http://hachidorisha.com/

会場

Social Book Cafe ハチドリ舎
中区土橋2-43
広島市, 広島県 730-0854 Japan
+ Google マップ
電話番号:
082-576-4368