イベントを読み込み中

« すべてのイベント

6のつく日 語り部さんとお話ししよう! 〜Talk with A-bomb survivors〜

12月26日 @ 11:00 AM - 5:00 PM

■■□―――――――――――――□■■
「6」のつく日
語り部さんとお話ししよう!
〜Talk with A-bomb survivors〜
■■□―――――――――――――□■■
English below;
ハチドリ舎では
毎月「6」のつく日は、
語り部の方をお呼びしています。

大勢に対して語りかける証言会ではなく、
身近に語り部のじいちゃん・ばあちゃんと
話して、仲良くなってもらいたい。

そんな想いで、
小さな規模で直接お話しできるよう
語り部の方にカフェに滞在してもらっています。

You can talk to A-bomb survivors
at Social Book Café Hachidori-sha
on 6th, 16th, 26th every month.

It is not like a lecture,
but a casual talk with them.

——————————–
◆伊藤 正雄(イトウ・マサオ)さん
1941年1月31日生まれ。広島県広島市在住。
「4歳のとき、自宅の前の道路で三輪車に乗っていたら、爆風で吹き飛ばされました。爆心地からは3.5kmの距離でした。大した怪我はなく住みましたが、逃げ込んだ防空壕で黒い雨に遭いました。1945年8月6日のことです。それから数日間、家の近くの公園で数えきれないほどの遺体が荼毘に付されていた様子が、脳裏に焼き付き未だに忘れられません。
70歳を目前にした2010年、ヒロシマピースボランティアとしての活動を開始しました。2012年からは、広島市の伝承者養成事業に参加し継承活動に尽力しています。」

◆堀江 壯(ホリエ・ソウ)さん
1940年10月17日生まれ。広島県広島市在住。
「4歳のとき、路上で、強烈な閃光と爆風に襲われ吹き飛ばされました。一緒にいた姉がとっさに覆い被さってくれて大きなけがはありませんでした。閃光と爆風の原因は、3km離れたところで炸裂した原爆でした。今も脳裏に焼き付いて離れないのは、自宅に避難して来た子どもたちが大火傷に苦しんでいた姿です。
64歳の頃(2004年)から、世界へ被爆体験を発信し国際交流を行う団体「ワールドフレンドシップセンター」に所属しています。語り部の減少に危機感を覚え、練習を重ね、2012年からは海外からのゲストに英語で被爆体験を語る活動もしています。」

◆東野 真里子(ヒガシノ・マリコ)さん
「広島平和文化センター委嘱の被爆体験伝承者で、私の母である竹岡智佐子の被爆体験と平和への思いを伝承しています。
2013年に40年勤めた第一生命株式会社を定年退職後、3年間にわたり被爆体験伝承者の研修を受けました。また2016年NGOピースボート主催第9回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に応募し、被爆二世としては初めての乗船者として外務省から「非核特使」の委嘱を受けて21カ国25都市を回り、被爆者の方々と共に世界各地で平和活動を行いました。
戦後7年後の1952年生まれで戦争を知らない世代ですが、母と祖母の被爆体験をお話しすることで、皆様と一緒に戦争の残酷さや悲惨さ、平和の尊さ、生命の大切さを考えたいと思っています。」

詳細

日付:
12月26日
時間:
11:00 AM - 5:00 PM
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
, ,
Web サイト:
https://www.facebook.com/events/2032743163614791/

主催者

Social Book Cafe ハチドリ舎
電話番号:
082-576-4368
メール:
hachidorisha@gmail.com
Web サイト:
http://hachidorisha.com/

会場

Social Book Cafe ハチドリ舎
中区土橋2-43
広島市, 広島県 730-0854 Japan
+ Google マップ
電話番号:
082-576-4368