イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

『半農半X』という言葉が生まれて30年、 産みの親 塩見直紀さんと改めて考える わたしたちの生き方とこれからの社会

5月17日 @ 7:00 PM - 9:00 PM

■■□―――――――――――□■■
『半農半X』という言葉が生まれて30年、
産みの親 塩見直紀さんと改めて考える
わたしたちの生き方とこれからの社会
■■□―――――――――――□■■

「半農半X(エックス=天職)」とは、今から30年前、塩見直紀さんが環境問題(持続可能性)と天職問題(どう生きるか)という2つの難問を考えるなか、生まれた考え方です。

塩見さんの『半農半Xという生き方』は出版されて20年。
台湾、中国、韓国、ベトナムでも翻訳され、コンセプトは国内外でゆっくりひろがっています。半農半Xの現在地をうかがい、これからの生き方を一緒に考えてみませんか?

<ゲストプロフィール>
塩見直紀(しおみ・なおき)さん
半農半X研究所代表/総務省地域力創造アドバイザー/Local AtoZ Maker
1965年、京都府綾部市生まれ。フェリシモに約10年に在籍。1999年、33歳を機に故郷の綾部へUターン。2000年、「半農半X研究所」を設立。21世紀の生き方、暮らし方として、「半農半X(エックス=天職)」コンセプトを30年前から提唱。著書に『半農半Xという生き方【決定版】』『塩見直紀の京都発コンセプト88~半農半Xから1人1研究所まで』『半農半X的 これからの生き方キーワードAtoZ』など。半農半X本は翻訳され、台湾、中国、韓国、ベトナムでも発売され、海外講演もおこなう。若い世代のX応援のために、コンセプトスクールや半農半Xデザインスクール、綾部ローカルビジネスデザイン研究所、スモールビジネス女性起業塾などもおこなってきた。古典的編集手法「AtoZ」を使って、人と地域(集落)のXの可視化や地域資源活用のためのアイデアブック(未来の問題集)など、書くことの可能性をひろげるワークブックづくりもおこなう。京都市立芸術大学大学院美術研究科博士後期課程(メディア・アート領域)単位取得退学、美術博士。

————イベント詳細————
【日時】
5/17(金)19:00〜21:00

【申し込み】
店内(1,500円+1drink):https://forms.gle/711ECZ7iPELbnDb87
オンライン(1,200円):https://tinyurl.com/26vznzjl
※アーカイブ視聴可能

チケットは決済後、すぐにURL情報が記載されたHTMLファイルをダウンロードできます。決済しても画面が切り替わらない、もしくはメールが届かない場合、イベント前日までにご連絡ください。当日ですと時間に余裕がなく、対応できない場合があります。

※購入の仕方:https://tinyurl.com/2kheo632
※携帯の場合、ダウンロードしたファイルが確認しずらいので、PCでの参加をおすすめします。

【主催】
Social Book Cafe ハチドリ舎

【お問い合わせ】
TEL:082-576-4368
mail:hachidorisha@gmail.com
————————————————————

詳細

日付:
5月17日
時間:
7:00 PM - 9:00 PM
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
Web サイト:
https://fb.me/e/22aEaPvEX

主催者

Social Book Cafe ハチドリ舎
電話番号:
082-576-4368
メール:
hachidorisha@gmail.com
Web サイト:
http://hachidorisha.com/

会場

Social Book Cafe ハチドリ舎
中区土橋2-43
広島市, 広島県 730-0854 Japan
+ Google マップ
電話番号:
082-576-4368