イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

国境なき医師団・西岡憲吾医師、南スーダン医療援助活動報告

2月12日 @ 7:00 PM - 9:00 PM

■■□―――――――――――――□■■
国境なき医師団・西岡憲吾医師、
南スーダン医療援助活動報告
■■□―――――――――――――□■■
国際NGO「国境なき医師団」のメンバーとして活躍する、広島市の西岡憲吾医師が、東アフリカの国、南スーダンでの医療援助活動を終えて、このほど帰国されました。現地の支援活動の状況や、南スーダンの現状、現地の人々の暮らしぶりなどを報告してもらいます。

南スーダンは2011年に独立したばかりの、世界で一番新しい国ですが、独立後も内戦や紛争が続き、国土は荒廃。日本政府が2012年~17年に自衛隊を国連平和維持活動(PKO)に派遣したことでも知られている。2018年には、いちおう内戦の停戦合意が成立したが、国際通貨基金(IMF)が同年に公表したデータによると、「世界でもっとも貧しい国」としています。

麻酔科医である西岡医師はこれまで、国境なき医師団のメンバーとしてイラク、パレスチナ(ガザ地区)、カメルーンでの活動を経験しておられ、今回が4カ所目の派遣となりました。
南スーダンでも新型コロナの感染が拡大するなど、困難な状況の中で18日間にわたり活動、73例もの手術で麻酔管理を担当されました。

<話し手プロフィール>
国境なき医師団 西岡憲吾
1956年高知県出身。
1983年広島大学医学部を卒業後、麻酔科医として県内外の病院で勤務。
2018年3月に62歳で退職し、同年6月、かねてから希望していた「国境なき医師団」に応募。10月に東京でトレーニングを受けた後、イラク、パキスタン(ガザ地区)、カメルーンの3カ国に赴任。各国から集まったスタッフとともに現地で暮らしながら、内戦や紛争で十分な医療が受けられない人々の様々な手術に携わった。
今回は、2020年12月から南スーダンでの活動を終えて帰国。

<聞き手プロフィール>
北村浩司
1960年生まれ。1984年、広島大卒、中国新聞社入社。事件記者畑を中心に経験し、庄原支局長、総合編集本部長、備後本社代表などを経て、現在、常務取締役編集制作本部長。

————イベント詳細————
国境なき医師団・西岡憲吾医師、
南スーダン医療援助活動報告

【日時】
2/12(金) 19:00〜21:00

【参加費】
1200円
(店内参加:1,000円+1drink)
※チケット代の一部をMSFへの活動に寄付します。

【申し込み方法】
先着8名限定で店内での参加が可能です。ご希望の方はこちらからお申し込みください。
https://forms.gle/5TzWb65EX7Nc1ShC7

オンライン参加の場合は、こちらのチケットをご購入ください。
https://tinyurl.com/y6om4m7f
購入後、HTMLファイルがダウンロードできるようになります。そのHTMLファイルにzoomの参加URLを記載しております。リアルタイム参加ができない方の為に、見逃し配信のURLも同じファイルに記載があります。開催後、1週間のみ視聴可能です。

※オンライン参加の場合、「Zoom」を使用します。開始までに下記URLよりZoomアプリをインストールしておいてください。
https://zoom.us/download#client_4meeting

【主催】
Social Book Cafe ハチドリ舎

【お問い合わせ】
TEL:082-576-4368
mail:hachidorisha@gmail.com
————————————————————

詳細

日付:
2月12日
時間:
7:00 PM - 9:00 PM
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
,
Web サイト:
https://www.facebook.com/events/2803692966552343/

主催者

Social Book Cafe ハチドリ舎
電話番号:
082-576-4368
メール:
hachidorisha@gmail.com
Web サイト:
http://hachidorisha.com/

会場

Social Book Cafe ハチドリ舎
中区土橋2-43
広島市, 広島県 730-0854 Japan
+ Google マップ
電話番号:
082-576-4368