イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

ライフストーリー・インタビュー ~身近な人の最期が近づいたときにしてあげられること~

9月4日 @ 6:00 PM - 8:00 PM

■■□―――――――――――――□■■
ライフストーリー・インタビュー
~身近な人の最期が近づいたときにしてあげられること~
■■□―――――――――――――□■■

たとえば親が、親戚が、大事な友達が、友達の家族が……病気などで最期が近いとなったとき、自分に何かできることはないか考えたことはないでしょうか?
そのひとつの可能性が「その人の話を聴いて、人生を遺してあげること=ライフストーリー・インタビュー」。

忘れたくない記憶、伝えたいメッセージ、家族や友達などへの想い……自らの「生きた証」を遺すことは当人はもちろん、残された人たちにとっても未来を生きる大きな救いになります。
人生の物語を遺すということについて、『がんフーフー日記』の作家&ライター・清水浩司さんと、「死を語るシリーズ」でおなじみの外科医・矢野雷太さんと語り合ませんか?

<ゲストプロフィール>
清水浩司(しみず こうじ)さん
1971年生まれ、広島出身。一橋大学社会学部卒業。雑誌編集者を経てフリーランスのライター/編集者として独立。音楽/映画/文学などを中心に活動する。2011年に川崎フーフ名義で発表した書籍『がんフーフー日記』が話題となり、2015年 映画『夫婦フーフー日記』として公開。2011年より故郷・広島に拠点を移し、現在はラジオのパーソナリティなど多岐にわたって活躍中。

矢野雷太(やの らいた)さん
広島市内の病院で勤務する外科医です。「最期はあなたに看取ってもらいたい」と言ってもらえる外科医を目指し、手術等の外科診療と並行して、栄養療法や緩和ケアにも注力しています。これから数十年つづく高齢社会を笑顔で乗り切るために、「ときどき入院ほぼ在宅」を目指して、在宅医療をバックアップする入院診療も行なっています。

————イベント詳細————
ライフストーリー・インタビュー
~身近な人の最期が近づいたときにしてあげられること~

【日時】
9/4(土) 18:00〜20:00

【参加費】
1,200円
(店内参加は1,500円+1drink)

【申し込み方法】
直接参加:https://forms.gle/9DeZ3eA8ExyBpxuV9

オンライン参加:https://tinyurl.com/yh6zesd2
本チケットをご購入ください。購入後、HTMLファイルがダウンロードできるようになります。そのHTMLファイルにzoom参加URLを記載しております。企画中・企画後にYoutube配信を視聴いただくことも可能です。
※本企画は「Zoom」を使用します。開始までに下記URLよりZoomアプリをインストールしておいてください。
https://zoom.us/download#client_4meeting

【共催】
清水浩司
Social Book Cafe ハチドリ舎

【お問い合わせ】
TEL:082-576-4368
mail:hachidorisha@gmail.com
————————————————————

詳細

日付:
9月4日
時間:
6:00 PM - 8:00 PM
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
,
Web サイト:
https://fb.me/e/2nRHsmeuo

主催者

Social Book Cafe ハチドリ舎
電話番号:
082-576-4368
メール:
hachidorisha@gmail.com
Web サイト:
http://hachidorisha.com/

会場

Social Book Cafe ハチドリ舎
中区土橋2-43
広島市, 広島県 730-0854 Japan
+ Google マップ
電話番号:
082-576-4368