イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

ウィズコロナ時代の『場づくりという冒険』対談 著者・藤本遼×ハチドリ舎店主・安彦

5月23日 @ 2:00 PM - 3:30 PM

■■□――――――――――□■■
<オンライン開催>
ウィズコロナ時代の『場づくりという冒険』対談
著者・藤本遼×ハチドリ舎店主・安彦
■■□――――――――――□■■
こちらからチケットをご購入ください。
https://hachidori.theshop.jp/items/28165274

『場づくりという冒険』著者の藤本遼さんは尼崎を拠点に
「尼崎ENGAWA化計画」や「カリー寺」など様々な場づくりの実践を重ねています。
ハチドリ舎でも以前、4000人規模の福祉フェス
「ミーツ・ザ・福祉」の取り組みについて話してくれました。

藤本さんにとって初めての著書出版を迎えたこの春、
私たちは「場づくり」の大きな変化を目の当たりにしています。

それぞれの場づくりへの思いや、
対面での企画が難しくなり、オンラインにフィールドを移して思うこと、
今後の変化への考察などなど、店主安彦と対談します。

Youtubeライブ配信にて開催。

<ゲストプロフィール>
藤本遼(ふじもと・りょう)
株式会社ここにある代表取締役 / 場を編む人
1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。「すべての人がわたしであることを楽しみ、まっとうしながら生きていくことができる社会」を目指し、さまざまなプロジェクトを行う。「余白のデザイン」と「あわい(関係性)の編集」がキーワード。現在は、イベント・地域プロジェクトの企画運営や立ち上げ支援、会議やワークショップの企画・ファシリテーション、共創的な場づくり・まちづくりに関するコンサルティングや研修などを行う。
さまざまな主体とともに共創的に進めていくプロセスデザインが専門。代表的なプロジェクトは「ミーツ・ザ・福祉」「カリー寺」「生き方見本市(生き博)」「尼崎ENGAWA化計画」など。

『場づくりという冒険』についての詳細はこちら:
https://greenz.jp/bazukuri_bouken/

<聞き手プロフィール>
安彦恵里香(あびこ・えりか)
Social Book Cafeハチドリ舎店主
NGOピースボートの勤務地が広島になった事がきっかけとなり退職後に移住。「核廃絶 Yes!キャンペーン 」事務局長。2011年 核兵器について考えるアートブック「NOW!」を制作・発刊。 PROJECT NOW!を立ち上げ、アートイベントを27回開催。キヲクの再生プロジェクトでは100名を超えるアーティストが参加。ひろしまジン大学の授業コーディネーターとして、約20授業を企画。2015年、広島長崎の平和イベント検索ウェブアプリ「Peace Week Hiroshima Nagasaki」を制作し、テクノロジーの力で社会課題を解決する団体Code for Hiroshima を立ち上げる。
ほか、各地での災害発生時、広島市安佐北区、常総市、広島市安芸区の災害ボランティアセンターの本部運営にも携わる。
2017年7月、広島平和公園近くに「社会とつながること」がテーマのSocial Book Cafeハチドリ舎をオープンし、「6のつく日に語り部さんとお話しよう」など、毎月約30の社会派イベントを開催している。

————イベント詳細————
<オンライン開催>
ウィズコロナ時代の『場づくりという冒険』対談
著者・藤本遼×ハチドリ舎店主・安彦

【日時】
5/23(土)14:00-15:30

【参加費】
1,000円

【申し込み方法】
こちらからチケットをご購入ください。
https://hachidori.theshop.jp/items/28165274
購入後、Youtubeの視聴用URLをお送りいたします。
企画後に録画を視聴いただくことも可能です。

【主催】
Social Book Cafe ハチドリ舎
株式会社ここにある

【お問い合わせ】
TEL:082-576-4368
mail:hachidorisha@gmail.com
————————————————————

詳細

日付:
5月23日
時間:
2:00 PM - 3:30 PM
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
Web サイト:
https://www.facebook.com/events/159394998785489/

主催者

Social Book Cafe ハチドリ舎
株式会社ここにある

会場

オンライン