ABOUT

人と人 人と社会
広島と世界をつなげる
ブックカフェ


ハチドリのひとしずく 辻信一監修 光文社刊 2005年

森が燃えていました。
森の生きものたちは われ先にと 逃げていきました。
でもクリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます。
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います。
クリキンディはこう答えました。
「私は、私にできることをしているだけ」


Social Book Cafe ハチドリ舎の名前の由来は、
このお話からやってきています。

ハチドリ(想いを持つ人)がつどい、つながれる、
社会のことを気軽に語り合えるカフェ。

私たちは社会で起こるできごとに無関心ではいられても、
無関係ではいられません。

これからの社会を生き抜く大切な知恵を身につけられるよう、
講演・映画の上映会・お話会・音楽イベントなどを開催。

本棚には、社会課題を知るきっかけとなってくれる本が並び、
ハチドリの樹の元にあるチラシ棚では、イベント情報を発信受信できます。

広島県産材をつかった小上がりや、椅子、本棚などの内装、珈琲カップや座布団まで、
ハチドリ舎は手づくりでつくっています。

つくる楽しさ、自ら行動する大切さを、
ごはん・おかずは皆さん自身でカスタマイズできます。
珈琲もミルで挽くところからドリップまで。

ハチドリ舎は未完成。
みなさんといつくっていくことを楽しみたいと思っています。

ぜひ一緒に!

「6」のつく日は語り部さんとお話できます。

対話の生まれる時間を。

ハチドリ舎では毎月「6」のつく日(6日、16日、26日)、 語り部の方をお呼びしています。 大勢に対して語りかける証言会ではなく、 身近に語り部のじいちゃん・ばあちゃんと話して、 仲良くなってもらいたい。 そんな想いで、 小さな規模で直接お話しできるよう 語り部の方にカフェに滞在してもらっています。 ぜひ、お気軽に足を運んでください。

毎月6日は英語で証言を聞くことができます。
(13時〜、15時〜に証言会を予定しています)

ハチドリ舎はこんなところ。